Kobeya

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 一番はじめの環境問題。 | main | 花火 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
アロマの先生のご縁で、障害者カフェで、
10年間海外で過ごしたギタリストさんのコンサートを開いて頂く事になり、
今日はその打ち合わせに行ってきました。

ささくれだった心には、音楽がもたらす影響はすごい。
まともでいられないのがまっとうな神経、と言われる世。
障害のある方たち、本物の芸術に触れたら、本来最も感受るする方々だろう。

しかし、その機会もない。
’たまり場’的に動き慣れた土地で、彼彼女らは生活しているのだ。
その場に、来ていただく、その場の風景に溶け込んで頂く、
きっと最高の日になるだろう。

そんな風景になれ、且つ本物の音を持つ方にお願いすることができ
ほとんど無償で受けて頂き、大変、贅沢なことである。

お会いした彼はギターを持っている時とは違っていた。
ギターを持っている時はそのオーラが強く、
「このひと、どうやって電車とか乗ってるんだろう」
と疑問に思うくらいであったが、忍者のように、
その場・その場に溶け込まれる。
しかし、まったく「合わせている」という感じではなく、個の核がぶれない。
こちらが緊張していたせいもあるだろうが寡黙で、
しかし話を、場を、きちんと味わっていただいている感がある。
凄い方が、居たものである。

只今やっている学祭で(今度の日曜は私が居ます)
彼のCDを使わせていただき、それを絵にしたりするアート体験コーナーをやっています。
他、香りも描いていただいたり、展示会をやっています。
よろしければ、ご来場ください。
| 01:38 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
| 01:38 | - | - | - |









url: http://freespace4-3.jugem.jp/trackback/28